巨赤芽球性貧血血 原因 予防

巨赤芽球性貧血とは?症状とその原因と予防方法

巨赤芽球性貧血とは?症状とその原因と予防方法

 

巨赤芽球性貧血とは?症状とその原因と予防方法

 

 

ビタミンB12と葉酸が不足することで、DNAの合成がうまくできず、細胞分裂がきちんとできないので、骨髄中にある赤芽球(赤血球の前の未完成な細胞のこと)が異様に大きくなったもの(巨赤芽球)が出来る貧血の事を指します。

 

 巨赤芽球性貧血は、ビタミンB12がうまく摂れなかったり、吸収できないことや葉酸を摂る量が足りない、うまく吸収できないなどの様々な理由から起こります。

 

 

ビタミンB12の吸収する器官である回腸(小腸)を切った場合や、
胃を全てとってしまってもビタミンB12を吸収するのに大事な内因子が足りず、
ビタミンB12の吸収が上手くできない場合などにも巨赤芽球性貧血が起きてしまう可能性があります。

 

その他、葉酸は体の中で貯めておく量が少ないので、妊娠中や血を造る機能が異常に働いて起きる溶血性貧血、
血液中の炎症や、白血病や悪性腫瘍などによっても簡単に足りなくなってしまいます。

 

葉酸は熱に弱い特徴があり、普段からお酒やワインなどのアルコール飲料を多く飲む人の小腸の中では葉酸の吸収がされにくい状態になってしまいます。
がんやリウマチなどの治療薬として使われている葉酸拮抗薬などのお薬も巨赤芽球性貧血の要因になってしまいます。

 

巨赤芽球貧血の症状は、ゆっくりと進行していく場合が多く、体がうまく対応して行くので、初期の頃は著名な症状が出ないこともあります。
普通に見られる貧血症状の動悸や息切れ、疲れやすい、体がだるい、頭が重く感じたり、顔面が真っ青になったりするのに加え、消化器にも異常をきたし、
舌の表面が滑らかになる(舌乳頭萎縮)、痛みのあるハンター舌炎や、味覚が感じにくくなったり、食欲の低下などに加え、若い人でも白髪になる方もあります。

 

どのように予防できるの?

 

巨赤芽球性貧血とは?症状とその原因と予防方法
普段の予防方法としては、ビタミンB12は普段のお食事から簡単に摂る事ができるビタミンなので、成分制限のある様な変わった食事を食べていなければ問題ないでしょう。

 

大体はビタミン12を摂取しても、そこから体内でうまく取り込めていない事が原因で巨赤芽球貧血が起こりやすくなるため、
ビタミンB12を初めの2週間は毎日か週に2、3回程点滴や注射で体内に投与し、暫くしてからビタミン12を体内に保持していく為に、
2、3カ月に1回程は点滴か注射で投与するのが一般的ですが、近年では口からの直接投与でも十分に効果があると言う報告もあります。

 

完全治癒ができないので、生涯にわたり、定期的にビタミン12を投与する治療が不可欠ですが、ビタミン12を体内に補うことで、巨赤芽球貧血の病状は良くなることが多く、病状の経過は良いです。
もう一つ、葉酸欠乏が原因の場合は、欠乏させないように禁酒することや葉酸を口から摂取する経口投与から補っていく治療を数週間くらい継続していけば、病状は良くなっていきますが、葉酸の摂取不足や、妊娠による葉酸の必要量が増える場合の葉酸の欠乏においては、普段から葉酸を多く採る事のできる食品(ホウレン草などの葉野菜や果物など)を摂取することが大事で、普段から葉酸を意識して摂取していく事が予防へとつながります。ただし、葉酸は熱に弱く葉酸の栄養素がとれるような調理の仕方をしなければなりません。

 

 

更新履歴